アピタでショッピングする主婦なら必須!マイメロのデザインも選べるUCSカード

クレカママ

こだわりの商品展開で消費者の支持を得て、店舗数を増やしているアピタが私の家の近くにも新しくできました。

商品が気に入って、近くのスーパーをスルーしてまでアピタに通うお友達もいます。

そんな私もファンの1人。

プライベートブランドのPrimeONEはちょっと贅沢だけど美味しいので思わずリピしてしまいます。

でも、せっかく通うならできるだけおトクに使いたいものです。

だって、家計を預かる主婦ですから。

アピタにも他のスーパーと同じように、ショッピングがおトクになる公式カードが発行されています。

その名もUCSカード。

今日はこのUCSカードのおトクな使い方をくわしく説明したいと思います。

目次

UCSカードのUポイントでおトクにポイントを貯めるコツを教えちゃいます

UCSカード基本ポイント

UCSカードのポイントプログラムで貯めるのはUポイント。

基本ポイントは、カードでのお買い物200円につき1点のUポイントが与えられます。

VISA、Master、JCBの各加盟店でのお買い物ならいつでもポイントをゲットできます。

1点は1円分の価値がありますので基本還元率は0.5%ということになります。

この基本ポイントだけではごく普通の還元率ですが、UCSカードにはポイントをザクザク貯めるための方法がいろいろとあります。

次に、ポイントアップのための方法をご紹介していきますね。

 

クレカママ

後述する値引きのほうがおトクなのですが、特定日の多いポイントアップは日頃の買物でおおいに役立ちます。

毎週日曜日はアピタ・ピアゴのお買い物でポイント2倍!

アピタ・ピアゴでポイント2倍

大型のショッピングセンターのアピタに対して、中規模~小規模のショッピングセンターはピアゴといいます。

毎週日曜日にはアピタでもピアゴでもUCSカードでお買い物をするとUポイントが2倍の200円につき2点もらえます。

還元率は1%となり、なかなかの高還元率カードに変身しますよ。

※ピアゴのさらに小型店舗のミニピアゴでは毎月15日が2倍のポイントアップになります。

 

クレカママ

週に1回、それも日曜日なので旦那さんに手伝ってもらって、1週間分の食材をまとめ買いして節約するのにいいですよ。
何をどれだけ買うか、主婦の腕の見せどころです。

毎週土日はサークルK・サンクスのお買い物でポイント2倍!

サークルKサンクスで2倍

UCSカードはアピタ・ピアゴだけでなく、お近くのコンビニ、サークルKやサンクスでもおトクです。

毎週土曜日曜はサークルK・サンクスにおいてUCSカードで支払うと、Uポイントが2倍にアップ。

200円につき2点をゲットできます。

これまた還元率1%となります。

 

コンビニはスーパー以上によく行くお店ですから、土日にちょっとした買い物が必要な時はぜひ利用したいですね。

ボーナスポイントでUポイントを大量ゲット!

アピタ・ピアゴでは食料品や日用品におトクな対象商品を設定しています。

この対象商品の代金をUCSカードで支払うと、通常もらえるUポイントとは別にボーナスポイントをゲットできます。

数百円の商品で10ポイントや20ポイントも貰えちゃったりするんです。

※下はボーナス商品の例です。月ごとに商品内容は変わります。

ボーナス商品

10ポイントというと、基本ポイントだと2,000円分のお買い物でもらえるポイント数です。

それが数百円でもらえるのですから、いかにおトクか分かっていただけると思います。

ただし、ポイント2倍の日でも対象商品のポイント数は2倍にはなりませんのであしからず。

 

クレカママ

対象商品は普段、主婦がよく使う商品ばかりなので、できるだけこの中から選んで買えばポイントがザクザク貯まりますよ。

優待加盟店はポイントアップや割り引きで主婦大満足です

Uポイントをおトクに貯める方法には、UCSカード提携の優待加盟店でポイントアップする方法があります。

中にはポイント3倍のお店もあるのでとてもおトクですよ。

優待加盟店の特典の大半は割引ですが、ここで一緒に紹介してしまいますね。

優待加盟店の特典早見表

タップorクリックで開きます

旅行でUポイントをどっさり貯める!

海外旅行

UCSカードホームページ内にあるUCSパックツアー優待サービスのページから、旅行代理店各社のパックツアーを申し込むだけでUポイントが5倍ももらえてしまいますよ。

旅行代金は単価が高い上に、同伴者の代金も対象になるので、その総額にUポイントが5倍も付くとなると大量のポイントをゲットできます。

対象となる旅行代理店は大手をはじめ多数の会社が選べますから、行きたかった場所のパックがきっと見つかると思います。

以下に、参加している旅行代理店をまとめてみました。

Uポイント5倍になる海外パックツアーブランド

タップorクリックで開きます

Uポイント5倍になる国内パックツアーブランド

タップorクリックで開きます

UCSカードをガッツリ使えばロイヤルメンバー昇格でポイントアップ!

ロイヤルメンバー

Uポイントをたくさん貯めるもう1つの方法がロイヤルメンバーになることです。

3月から翌年2月までの1年間でUポイントを5,000点以上貯めることができれば、翌年1年間はロイヤルメンバーの資格が与えれれます。

ロイヤルメンバーになると通常獲得分のUポイントとは別に20%のポイントが加算されるのです。

例えば1,000点のポイントをゲットすれば、20%の200点プラスで合計1200点もらえます。

Uポイントを5,000点ゲットするためには1年間に100万円のカード利用をしないといけません。

一見、「100万なんて私には無理!」と思ってしまうかもしれませんが、1ヶ月にすると8万3千円ほど。
けっして無理な数字じゃありません。

 

クレカママ

UCSカードはショピングだけじゃなく、公共料金の支払いなどに利用してもUポイントがもらえますので、UCSカードをメインカードとして日常の買物や光熱費の支払いなどにも利用すれば決して難しいハードルではないと思いますよ。

ポイン貯モール経由のネットショッピングでUポイントを最大30倍ゲット!

ポイン貯モール

UCSカードではポイン貯モールというショッピングモールを運営しています。

このポイン貯モールを経由してネットショッピングすると最大で30倍のUポイントをゲットすることができますよ。

利用方法は簡単で、UCSカードの会員ページUCSネットサーブに登録して、ポイン貯モール経由でショッピングするだけです。

普通にネットショッピングサイトで買っても通常の200円に1点のUポイントしかもらえないのが、ポイン貯モールを経由してショッピングサイトで買い物をする、たったこれだけのことで最大30倍のUポイントがもらえてしまうのです。

ポイン貯モールに参加しているショッピングサイトは楽天やヤフーショッピングの他、さまざまな専門店が揃っています。

ネットショッピングするなら、まずポイン貯モール経由でお買い物できるかを確認しましょう。
でないと、みすみす大量のUポイントを逃してしまうことになりますよ。

ポイン貯モールの提携ショップとポイント倍率早見表

タップorクリックで開きます

スタンプラリーで10万点を山分け!

ザクザクたまった楽天スーパーポイント

UCSカード会員の専用ページ「UCSネットサーブ」にログインして、決められた条件(アクション)をクリアするごとにスタンプがもらえます。

例えば、「UCSネットサーブにログイン」「利用明細照会閲覧」「UCSネットサーブ利用登録」「WEB明細登録」などごく普通に使っていればクリアできる条件です。

そして、毎月スタンプが6個貯まるとクリアした人で10万点を山分けできるのです。

8個まで貯まったら、クリアできた人だけでまた別の10万点を山分けできます。

さらに、10個まで貯まれば、また別の10万点をクリアした人だけで山分け。

なんと、月に3回、10万点の山分けチャンスがあるのです。

アンケートに答えてUポイントを当てる

アンケート

UCSネットサーブに登録している会員に、アンケートが実施されます。

簡単な設問に答えるだけで、抽選でUポイントや商品が当たります。

貯まったUポイントを使う

上に書いた方法を駆使すれば、きっとたくさんのUポイントが貯まることと思います。

頑張ってポイントを貯めるのは素敵な商品に交換できるというモチベーションがあってこそですね。

UCSカードで貯めたUポイントは商品券などに交換してお買い物などに活用できます。

交換はUポイント1,000点から1,000点単位で可能です。

交換可能な商品は以下の通りです。

ユニー・ファミリーマートグループ商品券

ユニー・ファミリーマートグループ商品券 ユニー・ファミリーマートグループ商品券

Uポイント1,000点をアピタ・ピアゴ・サークルK・サンクス・さが美などで使える1,000円分の商品券に交換することができます。

ユニコ電子マネー

ユニコ電子マネー

アピタ・ピアゴ・サークルK・サンクスなどで使える電子マネー「ユニコ」をユニコカードにチャージできます。

Uポイント1,000点で1,000円分チャージできます。

図書カード

図書カード

全国の加盟書店で利用できる図書カードに交換することができます。

Uポイント1,000点で1,000円分の図書カードに交換できます。

三井住友ギフトカード

三井住友ギフトカード

全国の50万店以上の加盟店で利用できる三井住友ギフトカードへ交換することができます。

他社の百貨店・スーパーなどで使えるので便利です。

Uポイント1,000点で1,000円分のギフトカードへ交換できます。

JALマイレージバンクのマイル

JALマイレージバンク

マイルを貯めている人にはうれしいJALマイレージバンクのマイルへも交換できます。

Uポイント1,000点につき500マイルと交換できます。

寄付に使うこともできます

日本赤十字社 日本ユニセフ

Uポイントをユニセフや赤十字への寄付に使うことができます。

ポイントの期限は約2年

1年間のポイント獲得期間にプラス1年間の計2年間がポイント有効期間です。

せっかく貯めたポイントを失効させてしまわないように、ポイントの期限には注意しておきましょう。

主婦がもっとも嬉しいUCSカードの割引優待

割り引きでおトク

UCSカードで主婦がもっともトクをするのはUポイントではなく、特定日の割引優待です。

特定日にUCSカードで支払うとほとんどの商品が5%offになります。

アピタでショッピングをしてUポイントをゲットしても還元率は1%ですから、おトク度には大きく差があります。

毎月19日・20日はアピタが安い!

アピタ5%off感謝デー

毎月19日・20日にアピタでUCSカードを使ってお買い物をすると、衣料品、食料品、暮らしの品などほとんどが5%offに割引されます。

保存食や衣料品などはこの機会を狙って買えばグッとおトクになりますよ。

毎週金曜日はピアゴが安い!

ピアゴ5%off感謝デー

毎週金曜日はピアゴやベンガベンガのお店でUCSカードを使ってお買い物をすると食料品、暮らしの品などが5%offになります。

週に1度ありますので、生鮮食品などもこの時を狙って買うようにするといいかもしれません。

第2・第4金曜日はアピタネットスーパーもお安くなる!

ネットスーパー5%off感謝デー

最近は、なかなか店舗に行けない人のためのネットスーパーが普及してきています。

アピタでもアピタネットスーパーを運営しています。

第2・第4金曜日はこのアピタネットスーパーでも5%offになります。

店舗に行けない人もUCSカードの特典を享受できますよ。

誕生月の好きな1日が5%offになるバースデープレミアムチケット

バースデープレミアムチケット

誕生月前の約2ヶ月の間にアピタやピアゴでカードを利用すると、バースデープレミアムチケットが送られてきます。

このチケットがあれば、誕生月の好きな日1日のアピタ・ピアゴでのお買い物が5%offになります。

当日は何回でも5%offの特典を受けられます。

毎月もらえるプレミアム5%OFFチケット

プレミアム5%offチケット

毎月10日までにアピタ・ピアゴでUCSカードを使ってお買い物をすると、次の利用明細とともにプレミアム5%OFFチケットが同封されて送られてきます。

そのチケットに記載された期間の好きな日に5%offでお買い物をすることができます。

普通にUCSカードを使っていれば毎月もらえるますので、アピタでも19日・20日の特定日と合わせて月に3回、5%offでお買い物ができるということです。

マイメロディのデザインを選べるUCSカード

UCSマイメロカード UCSマイメロカード

UCSカードには通常のデザインバージョンの他に、サンリオの可愛いキャラクター「マイメロディ」をデザインしたカードを選ぶこともできます。

デザインには2種類あり、好きな方を選ぶことができます。

さらに、マイメロディカードをご利用の方は、貯まったUポイントでマイメロディグッズと交換することができます。

マイメロディファンの人なら見逃せないカードです。

UCSカードのその他のサービス・特典

月々の支払いに使える

公共料金の支払い

UCSカードは公共料金や携帯料金など月々の支払いに使うことができます。

毎月必ず払うものですから、どうせならUCSカードで支払ってUポイントをもらっちゃいましょう。

毎月決まってUポイントがもらえて、たくさん貯めることができます。

ドラゴンズファンは見逃せないUCSドラゴンズプレミアム

UCSドラゴンズプレミアム

JCBブランドのUCSカード会員の方は、年3,240円支払うとナゴヤドームで行われる中日ドラゴンズの公式戦のチケット(パノラマA)を年間4枚受け取ることができます。

さらにチケットや選手のサイン入りグッズが当たるキャンペーンに応募できます。

おとくパスでグルメ・エンターテインメント・レジャーがもっとおトクに

UCSおとくパス

UCSネットサーブ会員の方は月に324円支払うとグルメやレジャーなどさまざまなお店・施設でもっとおトクな優待特典を受けることができます。

全国のグルメが20~50%安くなる食べタイムを利用できたり、イオンシネマの映画鑑賞代1,800円が1,300円、東武動物公園入園料+フリーパスおとな4,800円が3,800円、東京ジョイポリス共通パスポート4,300円が2,900円など、魅力的な優待特典が多数あります。

UCSネットサーブで利用明細がいつでもチェックできる

ネット

UCSネットサーブに登録すれば、利用明細書が送られてくるのを待たなくても、現在の利用状況をすぐにチェックできます。

UCSネットサーブでできることは以下のようなものがあります。

  • 利用明細の確認
  • Uポイントの確認・交換
  • ポイン貯モールの利用
  • Web明細の登録
  • キャッシングサービス
  • 登録情報の変更

Web明細を登録しておけば紙の利用明細書の郵送がストップできます。
ペーパーレスになって環境保護に貢献できます。

ショッピング保険がついいて安心!

ショッピング保険

UCSカードで購入した商品を偶発的な事故による破損、盗難、火災による損害を被った場合、購入から90日間補償されます。

1商品につき5,000円~100万円まで補償されます。(自己負担3,000円)

この保険は無料で付いていますから、申し込む必要はありません。

年会費無料なのに手厚いサービスでうれしいですね。

カード盗難補償もついています

盗難保障

UCSカードには、カード盗難保障が無料で自動的に付帯します。

万一、紛失や盗難によりカードをなくしてそれを不正利用された場合、届け出からさかのぼって60日以内に受けた損害を補填してもらえます。

多彩な付帯カードを利用できる

UCSカードは本会員カードの他にいろんな付帯カードを無料で発行することができます。

家族カード

UCSカード

会員本人と生計をともにする配偶者・親・子ども(18歳以上、高校生不可)に家族カードを発行することができます。

家族カードはもちろん年会費無料で、本人会員と同様の特典が受けられる上に、Uポイントも貯めることができます。

家族カードのUポイントは本人カードに合算されますので、よりたくさんUポイントを貯めることができますよ。

ETCカード

UCSカードのETCカード

 

UCSカードでは、今や車には不可欠となりつつあるETCカードを発行料、年会費ともに無料で発行してもらうことができます。

しかも、本人カード、家族カードそれぞれに発行が可能です。

2台以上車を持っている世帯も多いですから、これはうれしいサービスですね。

UCS QUICPayカード

UCS QUICPayカード

UCSカード本体には電子マネー機能をもたせることはできないのですが、ポストペイ(後払い)型電子マネーであるQUICPayカードを発行することができます。

ポストペイなのでチャージは不要で、後日クレジット決済で代金を支払います。

クレジットカードと違い、読み取り機にかざすだけで決済が終了しますので、より簡単に支払いができるようになります。

おサイフケータイ対応の携帯電話をお持ちの方は、携帯にQUICPayの機能を搭載するQUICPayモバイルを選ぶこともできますよ。

「リボ払いで」と言う必要のないUCSリボカード

UCSリボカード

UCSカードでは、本カードとは別にUCSリボカードを発行することができます。

UCSリボカードで支払うときは「1回払い」を指定するのですが、請求時には自動的にリボ払いに変更されます。

つまり、支払い時の指定にかかわらず、すべてリボ払いになるカードです。

利用できる範囲は本カードと変わりません。

VISAやMasterなど国際ブランドに加盟するお店でUCSカードと同様に使えて、Uポイントも同じく200円につき1点貯めることができます。

UCSカードのデメリット

UCSカードがおトクになるアピタやピアゴは北は福島から、西は京都・奈良までの範囲でチェーン展開されています。

なので、それ以外の地域の方は特典の恩恵をあまり受けられず、メリットが少ないカードになってしまいます。

 

クレカママうっとり

アピタやピアゴを展開するユニーは業界3位の大手スーパーですが、全国展開にはいたっていません。

あくまでも、展開している地域に住む主婦向けのカードなので、他の地域の主婦にはおすすめはできないです。

でも、近くにアピタがある主婦にとっては非常におトクなカードになっているのでイチオシのカードですよ。

UCSカード詳細情報

発行会社 株式会社UCS
申込の基準 満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方(高校生は除く)
国際ブランド VISA、Master、JCB
発行までの期間
年会費
(本人)
初年度  無料
2年目以降  無料
年会費
(家族)
初年度 無料
2年目以降 無料
ショッピング 限度額  10~50万円(新規入会時は10~30万円)
支払い方法  1回・2回・分割払い・ボーナス一括・リボ払い
締め日/支払日  毎月15日(アピタ・ピアゴ10日、サークルK・サンクス13日)/翌月10日
キャッシング 限度額  10万円~50万円
支払い方法  1回払い・リボ払い
締め日/支払日  毎月15日/翌月10日
ETCカード 年会費  無料
備考 カード1枚につきETCカード1枚発行可能。
電子マネー  QUICPay(付帯カード)
ポイント 概要 カード利用200円につきUポイントを1点。
1ポイント=1円相当
還元率  0.5~1%
付帯保険・補償 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険 購入から90日間に偶発的な事故・盗難・火災による損害を100万円まで補償
紛失盗難補償 届け出から60日以内の不正利用分を補償